名前は一生付き合うもの。どうする?!我が子の命名

流行はキラキラネーム?!変わっているほどいい?!

生まれてきた子どもの幸せを願う親それぞれの思いがつまった子どもの名前。近年は洋風の響きの名前やキャラクター名などに漢字を当てる、いわゆるキラキラネームが話題になっていますね。「国際的に活躍できるように」、「他の人とは違って個性的に」、「インパクト勝負で印象的に」などの思いからそういった命名をされるのでしょう。しかし本当にその名前で大丈夫ですか?!名前は子どもの一生がかかってるわけですから、慎重に決定しなければなりません。これから子どもの命名をする予定の方は今一度よく考えてみましょう。

改名は簡単ではない!一生物の名前を

キラキラネームの対義語で古風な名前などを指すシワシワネームという言葉も登場しましたが、何にせよ名前は一生物です。気に入らなかったら改名すればいいなどと気軽に考えている方もいらっしゃるかも知れませんが、改名はそう簡単にできるものではありません。基本的に変えられないという前提で決めなければなりません。子どもにつけようと思っている名前を自分が名乗る場面を想像してみて、躊躇なく名乗れるか考えてみましょう。また年齢を重ねていっても違和感がないかも重要です。企業によってはキラキラネームの人は採用しない方針をとっているこころもあるとか。社会的にも受け入れてもらえる名前か充分検討しましょう。また字画にこだわる方も多いですが、あくまで占いの一種ですから良いとされる画数を選んだとしても必ず良い運勢になるとは限りませんので、あまりこだわりすぎない方がいいでしょう。

読み方を訂正するのが習慣?!難読名

キラキラネームとはいえなくても、読み方が難しい名前というのも不便なものです。名前を呼ばれる時、毎回「違います。○○です」と訂正しなければならないのでは、その度にストレスを感じることになるでしょう。名前は一生ものですから、子ども自身が自分の名前を好きになれるかということが一番重要なポイントです。名乗るのが恥ずかしいと思うような名前では到底好きになれないでしょう。場合によっては名前のことでいじめにあう可能性もあります。命名辞典を繰りながら、誕生間近の我が子にどんな名前をつけようと考える時間はうれしくもあり、悩ましくもあるでしょう。いろいろな情報を集めることも大切ですが、それらに惑わされ過ぎないように大切な我が子にとって最良の名前をプレゼントしてあげましょう。

妊娠がわかったとき一番悩むのは命名についてでしょう。名前はその子の一生を左右する大事なものなので名付け本や画数などをみてしっかり考えてあげるべきものです。